東京 中野区 中野 書道 書写 習い事 教室 子供 子ども 大人 書写 習字 書道

八ツ田佳子 Yoshiko Yatsuda

 

奎星会会員・ 豊田法子先生・天野碧邨先生に師事

三重県出身。書道をしていた祖母のすすめで5歳から書道を始める。セントヨゼフ女子学園中高卒・青山学院大学法学部卒。大学では書道部に入ろうとたたいた扉の先がその日はたまたま落語研究会だったことから遠回り……社会人になり二十代半ばを過ぎて「もう一度書道をやりたい」と思い、豊田法子先生(奎星会・相談役)に入門。前衛書の世界を知る。教授位有資格 (書衆社・故稲村雲洞先生)/日本書道美術館書道大学56期卒

決して終わりのない書道をどこまで楽しめるか、探求の日々。

 

2013~          奎星展・毎日書道展出品(以降、入選・入賞)

2014 5月 中野坂上と練馬光が丘で書道教室を始める

2017 9月 教室の名を「佳玄会」とする

2018 7月 照心書道会に所属(照心書道会佳玄会支部)

2018 11月  第67回奎星展 奎星賞・特選受賞

2019 2月 第69回県下書初展において団体賞受賞・入賞者多数

2019 6月 中野中央教室(常設教室)を開室

2019 6月 照心コンクール 団体賞受賞・入賞者多数

2019 6月 日本書道美術館展 奨励賞受賞(臨書部)

2019 9月 伊勢神宮奉納書道展に団体出品・入賞者多数

2019   11月 第68回奎星展 毎日新聞社賞・準特選受賞

2020 1月 書写技能検定の単独受検会場となる。以降、書写技能検定を実施

 

~「佳玄会」について~

娘が小学校3年生になったときに、娘のお友達から始めた書道教室でしたが、今ではお子様だけでなく、お母様、ご家族、一般の方々にもたくさんご参加いただくようになりました。

 

私がお子様だけではなく親子でのご参加をおすすめしているのは、子どもと一緒にママたちにも書を楽しむ時間を共有してほしいから。親が一緒に学ぶ姿をみて子供のやる気もさらにアップするからです。また近い将来お子さんが成長して離れていったときには、お母様ご自身の書道として次のステージにすすむこともできるでしょう。ライフステージにあわせて一生楽しんでいけるのも書道の魅力です。

 

「佳」は私の名の一字ではありますが、芸術的に優れているという意味があります。「玄」は<天地玄黄>の言葉にもあるように本来は天の色。存在の根源にある幽遠にして神秘的なもの。その色こそが黒と言われています。佳き書を追及する会でありたい。その思いをこめて「佳玄会」と名付けました。

私もまだまだ駆け出しの身で未熟ではありますが、一生勉強を続けて参ります。

共に学び、成長をめざしてくださる皆様のご入会をお待ちしております。